サンタの力も借りながら

【育脳寺子屋編】今日はさくらさん(仮称)のこと。

 

今日のワークはまちがいが多く、お直しが辛い。

涙があふれ出し、机の下にもぐってしまった。

「できないから、イヤなの…」。

 

十数分後。

鼻水を何とかしたくて、机の下からモゾモゾ出てきた。

私。暗い空気を換えたくて、おやじギャグを言ってみた。

我ながらショウモナイ。

でも…。笑ってくれた。

たぶんさくらさんも、空気を換えたかったのだと思う。

 

さくらさん。あっちを向く。

胸の前で両手指を組んで祈るポーズ。

「○▽%※■#…!」

 

「“泣いてしまってゴメンなさい”って謝っといた、サンタさんに。」

ということらしい。

 

サンタさんにも謝り、泣きべそモードに自力で区切りをつけられた。

かわいいなあ。えらいなあ。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです

この記事を書いた人

堀畑 正浩 堀畑 正浩 個別指導志祐舎 塾長

長年大手製造業に勤務をしていたが、知人から塾業界に誘われ、塾業界の魅力に取りつかれ転身。未来ある子供たちと関われる塾の仕事が今では天職だと感じている。
某地元塾に8年間勤務し、2000年に独立し、志祐舎 中央教室を彦根市に開校。2015年には市内戸賀町に戸賀教室を開校し、現在に至る。塾歴は27年。

目次
閉じる