ドラゴン桜監修の人物

こんにちは。志祐舎塾長の堀畑です。

いきなり質問なのですが、日曜日の夜9時から何かテレビは観られているでしょうか。

私は、教育に携わっていることもあり、「ドラゴン桜」を観ています。

このドラマはご存知の方も多いと思いますが、元暴走族であり、現役の弁護士が落ちこぼれの高校生を東大に合格できるように指導していく物語です。

ドラマのストーリー自体もとても面白いのですが、私がいつも感心するのが勉強方法や勉強に関する考え方が実に核心をついているところです。

この内容を誰が監修しているのかを調べてみたところ、現役東大生のプロジェクトチームが監修をしているようです。その中の代表的な人物が、西岡壱誠さんという方です。

西岡さんは、偏差値50くらいの高校から東大を目指し、偏差値35から浪人を経て見事東大合格を勝ち取りました。

そんな方でも高校2年生の1年間は勉強を頑張っていたにも関わらず、ほとんど成績が上がらなかったようです。そんな彼がまんが「ドラゴン桜2」を読んで、高3の1年間で偏差値35から65までアップさせたというのです。

それだけドラゴン桜で紹介されている勉強方法は理にかなっており、私達から見ても頷ける勉強方法です。

当塾でもすぐに結果が出るタイプの生徒さんと出ないタイプの生徒さんがいます。

これはほとんど勉強方法が良い習慣、悪い習慣の違いです。

悪い習慣になってしまっている場合、当然改善をするわけですが、ここでポイントになるのが素直さと謙虚さです。

素直な生徒さんは、指示をすればすぐに改めようとしてくれますが、そうでない生徒さんは中々変えることに苦労します。

番組内では、「性格が悪いと東大には合格できない」と極端な表現をされていますが、素直さ、謙虚さがあるかどうかということなんです。

ぜひ、日曜の夜は家族揃って「ドラゴン桜」を観ていただけることお勧めしたいと思います。(決してテレビ局の回し者ではありません)

今まで観ておられなかった方は、ぜひご覧ください。

為になることが多いです。(まんがを読むのもいいかもしれません)

では、今日はこのへんで。

彦根中央中、彦根南中、彦根東中、彦根西中、彦根中、多賀中エリアにお住いの小中学生のみなさん及び保護者の方、当塾にご興味ある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです

この記事を書いた人

堀畑 正浩 堀畑 正浩 個別指導志祐舎 塾長

長年大手製造業に勤務をしていたが、知人から塾業界に誘われ、塾業界の魅力に取りつかれ転身。未来ある子供たちと関われる塾の仕事が今では天職だと感じている。
某地元塾に8年間勤務し、2000年に独立し、志祐舎 中央教室を彦根市に開校。2015年には市内戸賀町に戸賀教室を開校し、現在に至る。塾歴は27年。

目次
閉じる