成果を出す中3夏期講習

こんにちは。志祐舎塾長の堀畑です。

夏休みがいよいよ始まりますね。

受験生にとっての夏休みは他の学年の子たちとはかなり違う意味を持つことになります。

多くの受験生は、どこかしらの塾の夏期講習に参加することかと思いますが、

ここで気をつけなければならないことがありますので、お伝えします。

「夏休みは受験生にとっての天王山」とよく言われますが、

まさに夏休みは受験生にとって大切な時期となります。

そのことを踏まえ、受講した夏期講習で成果の出るようにしたいものです。

ただし、ここで注意しておきたいことがあります。

まず、定期テストを上げるということと、実力テストの得点や模試の偏差値を上げるということは同じと考えてはいけません。

なぜかと言うと、定期テストはテストの性質上、準備を十分にしてテストに臨めば、高得点が取れます。

例えば、学校のワークに載っている問題や単元プリント、教科書に載っている問題が多く出題され、よく似た問題も多く出題されます。

つまり、すでに見たことがある問題や解いたことがある問題をしっかり解けるようにしておけば、高得点が期待できるわけです。

更に、短期記憶でも高得点に繋がることも可能です。

例えば、国語の漢字をテストの前日に集中的に暗記し、翌日のテストの時に記憶していれば、得点につながるわけです。

このような覚え方をすると2~3週間後には忘れてしまうことは多いのですが、定期テストの得点としては良いという結果になります。

それに比べて、実力テストや模試ではどうでしょうか。

これらのテストは初見の問題も多く、範囲も広いため、短時間で準備をすることが不可能です。また、短期記憶で対応することは不可能で、むしろ長期記憶、定着度をみるテストになるので、定期テストとは全く違う性質のテストになるのです。

つまり、定期テストで高得点を取っていてもこれは参考程度にしかならず、実力テストになると急激に得点が低くなってしまう生徒さんもいるのです。

私は塾の仕事をして30年になりますが、本当にいろいろなタイプの生徒さんがいます。

定期テストの得点が440点くらい取るのに実力テストになると250点くらいしか取れない生徒さんや逆に定期テスト350点くらいなのに実力テストになると370点くらいにアップする生徒さんもいたります。

ただ、このように実力テストの方が上がる生徒さんは稀で、多くの生徒さんは実力テストになると得点を下げる傾向になります。

私の経験から言うと30点~100点くらい下がることが多く、平均すると6,70点くらい下がると思います。

このようなことから言えることは、実力や模試で得点をアップさせるためには、相当の学習量が必要だということです。

あくまで一般論ですが、「進学塾」と言われる塾に集団指導塾が多いのは、多くの学習量を確保しやすいという面があるのです。集団指導なら1人の先生が数十人の生徒さんを指導できますので、授業単価を低めに設定できます。

その分、多くの学習量を確保しやすくなるメリットが出るのです。

ただ、このスタイルは講師の授業ペースについていく必要もあり、質問に消極的な生徒さんには向いていないというデメリットもあるのです。

一方、このような塾に合わない生徒さんは、個別指導塾や家庭教師という選択をされることが多いと思います。確かに生徒一人ひとりに目が届きやすく、わからない問題をピンポイントで指導してもらえるので、満足をされている方もそれなりに多いと思います。

定期テストのような狭い範囲の指導であれば、それなりに満足いく結果が出ることもあるかもしれません。

しかし、デメリットもあって、授業単価が高額になるという点です。

先程もお話をしましたように受験のための勉強には多くの学習量が必要になりますが、個別指導で多くの学習量を確保しようとするとかなり高額になってしまいます。

個別指導塾で定期テストの結果が出ている場合は、時間を確保すれば実力テストや模試でも結果につながると思いますが、定期テストでさえ結果が出ていない場合は、相当の学習時間を確保しなければ難しいかもしれません。

結果が出ている場合でも学習量の確保が少ないと簡単ではないとも言えます。

志祐舎では、このような問題点を解消するために自立学習というスタイルを採っています。

当塾のスタイルは、AI教材の活用+集団個別指導+勉強方法の指導 です。

AI教材とは、人工知能がそれぞれの生徒さんに必要な問題を適切に出題し、授業を聞くこともできます。テストも豊富で苦手をすぐに発見し、反復学習もできます。もちろん、わからない問題については、講師が個別に指導し、解決できます。

多くの学習量を確保するために多くの授業時間を取っても授業単価を抑えられるので、リーズナブルに受講できます。

勉強のしかたが良くないと成果も出しにくいので、指導歴30年の塾長自らが勉強法の指導をしていきます。

当塾の夏期講習や授業スタイルはこんな感じです。

成果を出す授業にするため、日々奮闘しております。

当塾の夏期講習は、最高180時間の授業時間を確保でき、最高の時間数を確保すれば時間単価がなんと480円くらいになります。

こんな夏期講習にご興味のある方は、まだ間に合いますので、ぜひお問い合わせください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです

この記事を書いた人

堀畑 正浩 堀畑 正浩 個別指導志祐舎 塾長

長年大手製造業に勤務をしていたが、知人から塾業界に誘われ、塾業界の魅力に取りつかれ転身。未来ある子供たちと関われる塾の仕事が今では天職だと感じている。
某地元塾に8年間勤務し、2000年に独立し、志祐舎 中央教室を彦根市に開校。2015年には市内戸賀町に戸賀教室を開校し、現在に至る。塾歴は27年。

目次
閉じる