Skypeを活用した英会話授業「おしゃべリンガ」

おしゃべリンガ

 

こんにちは。塾長の堀畑です。

 

昔と違って今はグローバル時代。

昔なら外国人の方を見かけると本当に珍しいという感覚でしたが、

今は都会でなくても外国人の方を当たり前のように見かけます。

 

こんな時代になってくると自分自身が外国に行かなくても、外国人の方が来日されるので、必然的に英会話が必要になってきます。

数年前に卒塾して、今は大学生として活躍してくれている卒塾生のFacebookにも頻繁に外国人の友達と撮った写真がよく投稿されています。

 

私自身の友人もバンコクやドバイなどに赴任しています。

文科省もこれからは英語の学習では4技能が必要と言っています。

4技能とは、聞く、話す、書く、読むという技能です。

今までの日本の英語教育は、聞く、書く、読むの3技能が中心でした。

このような流れから、当塾ではいち早く英会話に取り組める仕組みを作っています。

 

もちろん、今までから英会話教室などはありましたが、

小学生が通うような英会話教室では、英語に親しむことをメインにしているため、

英会話を習っていても中学英語に効果が出にくいという問題点がありました。

これは、中学英語が文法や聞く、書く、読むことを中心としているからです。

だからいつまでも話すという技能については伸ばせないという状況が続いていたのです。

 

当塾の英会話はオンライン教材「すらら」で文法、聞く、書く、読むを学習し、その後Skypeを利用し、フィリピン人講師とマンツーマン英会話授業をします。このことによって、文法、書く、読むの復習をしながら聞く、話すの訓練ができるのです。

 

受講している生徒は、毎回とても楽しそうにしてくれています。

楽しくて身につく。

最高だと思います。

 

体験授業を受けることもできます。

ご興味のある方は、ぜひご連絡ください!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

堀畑 正浩 堀畑 正浩 個別指導志祐舎 塾長

長年大手製造業に勤務をしていたが、知人から塾業界に誘われ、塾業界の魅力に取りつかれ転身。未来ある子供たちと関われる塾の仕事が今では天職だと感じている。
某地元塾に8年間勤務し、2000年に独立し、志祐舎 中央教室を彦根市に開校。2015年には市内戸賀町に戸賀教室を開校し、現在に至る。塾歴は27年。

目次